【マタニティコラム】 いざ、出産準備! 〜代用品編〜

こんにちは、スタッフくわっちです。悩むママ

さて、今回は出産準備の「代用品編」です。お高いおむつゴミ箱に専用カードリッジ、おむつ交換用シーツにプレイマット…などなど、必要なのかどうなのか分からないけれど買っておくべき?なアイテムは意外と多くあります。あれもこれも買って無駄にしないためにも、お安い代用品でどうにかなるならそれに越したことはないですよね。そんな、アイデア次第で育児お助けグッズになるものをご紹介します。

ホームセンターでお買い物 ホームセンターや百円均一で♪ 代用品グッズ

おむつ用ごみ袋・ごみ箱 おむつ用ゴミ箱

おむつの臭いをシャットアウトするために開発された、おむつ用ゴミ箱。場合によってはカードリッジが必要な場合があり、カートリッジを購入するのが煩わしい…何だかもったいない…と感じてしまいますよね。譲る相手や二人目の予定があれば買ってもよいかもしれませんが、まだ先のことなんて分からないし…

大きめの蓋つきポリバケツと大きめのビニール袋、小分けにするときに便利なポリ袋があれば、高いオムツゴミ箱を買わずに済みますよ!

おむつはポリ袋に入れて口を縛り、ポリバケツに大きめのビニール袋をセットしてその中にポイポイ入れていきます。新聞紙などでおむつを包んで捨てれば、更なる防臭効果が!臭いを100パーセント遮断するわけではありませんが、嫌な臭いを相当抑えてくれます!

くわっち宅では、ポリバケツの蓋におむつ用の消臭剤を貼り付け、おむつを2枚交換するごとにポリ袋に入れ口を縛って捨ててます。ポリバケツの中に自治体や市区町村などが発行しているゴミ袋をセットしておくと、捨てるときの手間が省けますね。

おむつ交換用シーツ オムツ交換シーツ

家の中や外出先でマットや床を汚さないためにも敷いておきたい防水シーツや吸水シーツ。でも赤ちゃん用のものは意外と高いし、買っても使わないこともあるかもしれません。そんな時、ホームセンターなどで市販されている介護用防水シーツやペット用シーツが便利です!

介護用シーツは大判なのでカットして使用することが出来ますし、ベビー布団など広範囲に敷きたいときに便利です。ペット用シーツなどは水分を検知して色が変わるものも売ってますから、汚れているかが一目で分かりますよね。

赤ちゃんに使わなかったとしても、ペット用シーツならペットのために使えますし、介護用シーツは誰かに譲ったり、おねしょ防止シートとして使うことも出来ます。

大きめの座布団 おむつの赤ちゃん

そのうち使用するであろう、プレイマットやベビージム。でも新生児期から生後3ヶ月までの「ねんね期」は、目が覚めていてもコロコロ転がっているだけで、ベビージムでひとりで遊んでくれる赤ちゃんは少ないのです。

そこで代用品として活躍するのが、大きめの座布団やクッション。四角い座布団の対角線上になるように寝かせることで大きくなっても座布団で寝かせることが出来ますし、起こしたくないけど移動したい…というときに座布団ごと抱えて移動することも可能です。

カバーを手縫いすれば赤ちゃんに優しいものに変更することもでき、終わったあとは本来の役目へ。

キッチンで料理をするときやご飯を食べるときなど、活動拠点がリビング・ダイニングにあるときに便利ですよ!

私はよく、お風呂タイムの待機場所として座布団を活用しています。自分が身体を流している間に、おむつ姿のまま座布団の上にバスタオルを敷き、そこで待ってもらってます。バウンサーがなくても赤ちゃんのねんねスペースを作ることが出来るので、本当に助かっています。

以上、あれば便利な代用品をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

家やホームセンターにあるもので簡単に代用できてしまうので、おむつゴミ箱や交換シーツの購入を迷っている方は是非検討してみてくださいね♪

【バスケット付き】布おむつ&オムツカバー(50サイズ)
【バスケット付き】布おむつ&オムツカバー(50サイズ)
https://www.petitefee.jp/fs/petitefee/00956008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA