【赤ちゃんと風邪予防】部屋を加湿して乾燥をふせぎましょう。

冬の赤ちゃんもうすぐやってくる、寒い冬。
防寒具が少しずつ目に入るようになってきましたね。

寒いと気温や室温だけを気にしてしまいがちですが、乾燥が気になるこれからの季節は湿度の調節も大切です。
適切な湿度を保つことで、病気や乾燥を防ぐことができます。
今回は、部屋の湿度と加湿について紹介します。

赤ちゃんにとって、加湿は大切?

空気が乾燥すると、大人でものどが痛くなったり、肌がカサカサしてしまいます。
赤ちゃんの皮膚は、大人以上にデリケート。
表皮は大人の半分の薄さしかありませんし、角質層にある水分も大人の約3分の2しかありません。
だから空気が乾燥すると、赤ちゃんの肌はすぐに乾燥肌になってしまうのです。
喉や鼻の粘膜も敏感なので、乾燥によりほこりが飛散したりウイルスが活発になると、咳やくしゃみをすることも多くなるでしょう。
皮膚のバリア機能も低下することで感染症にかかりやすくなったり、アレルギー体質になってしまう危険もあります。

乾燥しやすい赤ちゃんの肌には保湿剤を塗ってあげることも大切ですが、湿度を高めることで肌の水分を保つことができ、乾燥だけでなくさまざまな病気からも赤ちゃんを守ることができます。

室内の適切な湿度は?

部屋の湿度は50~60%が最適といわれています。
40%以下だと部屋が乾燥してしまい、風邪やインフルエンザのウイルスが活発になってしまうので、赤ちゃんだけでなく大人も病気に感染してしまう危険があります。

温湿度計逆に、60%以上の湿度があると結露によってカビが繁殖する原因になります。
部屋がじめじめして蒸し暑くなると、あせもなどを引き起こす危険があります。

適切な湿度がわからないという場合は湿度計を準備しましょう。
湿度計は100円ショップなどでも手軽に手に入れることができますので、お部屋の湿度を1度確認してみてはいかがでしょう。

加湿器を選ぶときのポイントは?

部屋を加湿する、というと真っ先に加湿器加湿器のイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。
加湿器と一言でいっても加湿方式によっていろいろなタイプがあります。

◎スチーム式
ヒーターでタンクの水を熱し、沸騰させて蒸気にすることで加湿します。
即効性があり水を加熱させるので衛生的ですが、蒸気が熱いので赤ちゃんや子供がいる家庭では置く場所を注意する必要があります。
また、タンクに水垢が貯まるため小まめな掃除が必要です。

◎気化方式
水を含んだフィルターにファンで風を送り、気化させることで加湿します。
自然気化なのでゆるやかに加湿します。
スチーム式のように蒸気が熱くなることはなく、フィルターを通して加湿するので空気清浄機のような役割も果たします。
ただ、フィルターの掃除や交換が必要だったり、ファンをまわすので音が気になるという方も多いようです。

◎ハイブリッド式
スチーム式と気化式のいいところを組み合わせています。
ヒーターにより一気に加湿をし、設定した湿度になるとヒーターレスに切り替わるので、部屋の状況に応じて加湿をすることができます。
吹き出し口も熱くならないので赤ちゃんにも安心ですが、フィルターの交換や掃除などのお手入れが必要です。

◎超音波式
超音波を水に当てることで微粒子にして、ファンで送り出す方式です。
加湿装置がコンパクトでデザイン性が高い加湿器が多いのですが、タンク内の水を衛生的に保つ必要があります。

赤ちゃんにとって安全な加湿器を選ぶのはもちろんのこと、お手入れが楽で清潔な状態を保てるもの、音が静かなものなど加湿器の使い心地も選ぶポイントにすると満足度の高い加湿器を選ぶことができると思います。

加湿器なしでも加湿する方法

加湿器を使わなくても部屋を加湿することはできます。
簡単にできる加湿の方法としては、洗濯物を室内干しにしたりお湯の入ったボウルを置くなどの方法があります。
そのほかにも、フローリングの部屋なら水拭きをしたり観葉植物を置くだけでも加湿効果があります。
マンションなら、お風呂に入った後に浴室のドアを開けっ放しにしたり、やかんや鍋でお湯を沸かしてもいいでしょう。
ちょっとしたことで部屋の湿度を少しずつ上げることができますので、できることから実践してみてはいかがでしょう。

観葉植物のあるお部屋

部屋を加湿することはウイルス感染の予防になるだけでなく、粘膜の保湿対策にもつながります。
また、体感温度を上げる効果もあるので寒さ対策にもなります。
湿度が高ければいいというわけではないので、ときおり窓をあけて空気の入れ替えもしましょう。
ぜひ、赤ちゃんと元気な毎日を過ごすためにも健康対策の1つとして湿度にも注目をしてみてはいかがでしょうか。

オーガニックコットンのバス・ケア用品
オーガニックコットンの保湿ケアアイテムも♪ バス・ケアアイテム【petite fee】
https://www.petitefee.jp/fs/petitefee/c/0000000476

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA