こどもがかいた「おかあさん」の詩より。母としてグッとくる作品です。

こんにちは。

プチフィーのマキコです。

今日は詩の本をご紹介します

『おかあさん、あのね』 こどもがかいたおかあさんの詩

監修:吉野 弘、新川 和江 大和書房

この本に掲載されている詩をひとつご紹介

「おかあさん」

おかあさんは、よそのひとにあったら

いつもぼくのこと

「これ、うちのたからもの。」

という。

ぼく、はずかしくなっちゃうよ。

おかあさんは、ぼくがねるとき

いつも

「こもりうた、うたってあげようか。」

という。

「いいよ。」

といっても

「まあまあ、そうえんりょしないで。」

といって、うたいながらねてしまう。

ははのひに、かあねえしょんをあげて

「ひゃくさいまでいきろよ。」

といったら、ないた。

おかあさんは、ぼくの

たからものだ。

この本は昭和19年から平成2年までの間、全部で19冊刊行された詩集『おかあさん』の中から選ばれた詩を集めたものです。

上にご紹介した詩は、いくつくらいの子が書いた作品なのでしょうか?

この子がこんな風に思っていることも素敵だけど、それを言葉でストレートに伝えられているところにびっくりです

私もチャンスがあったら言ってみたいな、なんて考えちゃいました…

カーネーションをもらったお母さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA